企業の大切な財産を管理・計算する経理の仕事!

簿記

簿記

簿記は資産(財産)や負債(借金)を管理し、企業の活動によって発生する費用と収益を計算する方法を学べるので、主に企業の経理で活躍します。
企業には必須の知識なので、社内キャリアアップに強い味方となる資格です。

個人事業主の方で、自身で確定申告(青色申告・白色申告)をしなくてはいけない方にも、簿記の知識は必要となります。
青色申告とは、納税者に正しい帳簿の記載をさせることを目的とし、複式簿記の手法で記載し申告することを指します。
青色申告で確定申告を行うと各種特典(所得の最高65万円を控除等)が付き、節税するには知っておくべき知識です。


この資格のオススメPOINT

1

社内キャリアアップに!

経理には必須の知識なので、社内のキャリアアップの強い味方となる資格です。

2

注目のスモールビジネスで活躍!

少人数で機動力のある運営ができることで注目されているスモールビジネスでは、個人または少人数精鋭での運営が基本となります。
一人が多くの役割をこなさなくてはいけなく、個人の能力が経営に大きく影響するので、簿記(経理)の知識を持つ者が一人でもいると心強いです。

資格概要

受験に必要な条件

受験に必要な条件
年齢特になし
学歴特になし
実務特になし

受験概要

申し込み期間 試験日2ヶ月前
試験日 2月・6月・11月
合格発表日 1級試験日2ヶ月後、2~4級試験地域によって異なる
受験料 4級1,600円、3級2,500円、2級4,500円、1級7,500円
受験者数 約280,000名
合格率 約45%
講座一覧・資料請求(無料)