超高齢化社会でニーズが急上昇中!介護・福祉の分野で働くなら取っておきたい資格!

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャー(介護支援専門員)

要介護、要支援認定を受けた高齢者のケアプラン(介護計画)を作るのが主な仕事です。

介護保険施設には一人以上のケアマネジャーの配置が義務付けられています。
超高齢化社会で介護施設が増える中、ケアマネジャーのニーズはますます高まっています。

受験には、介護・福祉・保健医療の現場で実務経験5年または10年以上が必要であり、
医療分野で働く者のステップUPの資格として人気があります。


この資格のオススメPOINT

1

医療に携わる者のステップUPに!

介護・福祉に関係の職に携わっている方は、ステップアップの資格として多くの人が目指しています。
国家資格の有資格者でも実務経験が5年以上必要なので、働きながら早めから勉強し始めるのが良いでしょう。

2

超高齢化社会でニーズが急上昇!

超高齢化社会になり、医療全体が高齢者の介護福祉に偏ってきています。
ますます高齢化が進むと予想されるので、ケアマネジャーのニーズは増加すると予想されます。

資格概要

受験に必要な条件

受験に必要な条件
年齢特になし
学歴特になし
実務制限あり

資格取得後の仕事

資格取得後の仕事
勤務介護保険施設、デイサービス等
開業-----

受験概要

申し込み期間 試験実施団体から公表される
試験日 10月
合格発表日 12月上旬
受験料 都道府県により異なる
受験者数 約140,000名
合格率 約15%
講座一覧・資料請求(無料)