個人・法人の資金計画のアドバイスを総合的に行うエキスパート!

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャル・プランナーとは名称の通り、ファイナンシャル(金銭上・金融上)のプランナー(企画・計画立案者)のことです。
税金、保険、不動産、相続・遺産等を専門知識を用いて総合的にアドバイスし、金銭面での人生設計をサポートします。
ファイナンシャル・プランナーは個人の経験値や能力が問われる職業なので、自分次第でどこまでも可能性を広げられるやり甲斐のある仕事です。

近年ではライフスタイルが多様化したこともあり、個人に即した資金計画が重要視されてきています。
未だ発展中の資格であり、潜在力が未知数の注目資格です。

ファイナンシャルプランナーの資格の種類
ファイナンシャルプランナーの資格は国家資格と民間資格があり、その中でもいくつかに分類されます。

国家資格:ファイナンシャル・プランニング技能士(1級、2級、3級)
民間資格:AFP、CFP
これら資格試験の受験資格は実務経験年数や下位資格取得、研修の修了等が必要になる場合があります。
上位資格を取得するにはどうしても時間が必要になりますが、ステップアップが用意されている資格なので、将来性のある有望資格です。
※詳しくは下記の受験資格の欄を参照

国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)は、業務独占資格ではないので無資格で同等の業務を行うことは可能です。
また一般的な呼称である「ファイナンシャル・プランナー」と名乗ることも可能ですが、
名称独占資格なので正式名称の「ファイナンシャル・プランニング技能士」とは名乗れません。
無資格者でも業務は行えますが、顧客の信用を得るためには有資格者であるほうが断然有利です。

AFPとCFPって?
民間資格にはAFPとCFPがあり、日本FP協会が認定する資格です。
CFPがAFPの上位資格にあたり、CFPは米国CFPボードと提携する日本FP協会により認定される国際的な資格です。
現在、AFP資格とFP技能士2級資格は同一資格という認識であり、FP技能士2級を取得後にAFP資格の登録を行えば同時に取得出来ます。

どれから取得するべき?
実務経験無しで、最短でFP技能士1級資格またはCFP資格の取得を目指す場合、
初めに、AFP研修を受けてFP技能士2級受験資格を取得、試験に合格してFP技能士2級資格を取得し、同時にAFP資格の登録を行います。
FP技能士2級資格を取得後、実務経験1年以上でFP技能士1級の受験資格を得られます。
AFP資格を取得後、実務経験3年以上でCFPの受験資格を得られます。
この最短ルートで資格を習得することは現実的にも可能なので、オススメの方法です。

この資格のオススメPOINT

1

将来性のある有望資格

ファイナンシャルプランナーの資格は、国家資格に認定させるようになったのが2002年と日が浅く、これから発展していく資格です。
自分次第でどこまでも可能性を広げられるやり甲斐のある仕事です。

2

ステップアップが用意されている

ファイナンシャルプランナーの資格は民間資格と国家資格があります。
この資格の特徴として、民間資格を取得することで国家資格の足がかりになるようになっており、ステップアップが用意されている資格です。

資格概要

受験に必要な条件

受験に必要な条件
年齢特になし
学歴特になし
実務【1級】
学科:2級合格後に実務経験1年以上
実務経験5年以上
厚労省認定金融渉外技能審査2級合格後、1年以上の実務経験
技能:1級学科合格者
FP育成コース修了者で1年位上の実務経験
日本FP協会のCFP認定者

【2級】
2年位上の実務経験
3級合格者
AFP認定研修を修了した者
厚労省認定金融渉外技能審査3級合格者

【3級】
誰でも

受験概要

申し込み期間 これら機関にお問い合わせください。
①一般社会法人 金融財政事情研究会(金財)
②NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)
試験日 1月、5月(2級・3級)、9月
合格発表日 試験日から約30~40日後に成績通知書が郵送される
受験料 1級 学科:8,900円 実技:25,000円
2級 学科:4,200円 実技:4,500円
3級 学科:3,000円 実技:3,000円
受験者数 約126,000名
合格率 約69%
講座一覧・資料請求(無料)