事務職の必須ツール! Microsoft Officeを使いこなすためのスキルアップ資格!

マイクロソフト認定資格(MOS)

マイクロソフト認定資格(MOS)

Microsoft Officeの各種アプリケーションの操作技能認定を行う世界共通の資格です。

ビジネスには必須ツールである、Excel(エクセル)やWord(ワード)等のMicrosoft Officeの各種アプリケーションツール。
事務職では使いこなせるのが当たり前の時代になりましたが、未だに苦手意識を持っている方も多いと思います。
なんとなくは使えるけれど、どこまで使いこなせているかを自身で認識できていない方も多いのではないでしょうか。
その指標となる資格がマイクロソフト認定資格(通称:MOS,モス)です。

マイクロソフト社が認定しているただ一つの資格であるマイクロソフト認定資格は、世界共通の合格認定証が発行されます。
就職・転職にはもちろんですが、職場内でのキャリアアップ・スキルアップにも役立つ実用的な資格です。

この資格のオススメPOINT

1

短期間で取得でき、実務にも役立つ即戦力の資格!

最短1ヶ月で取得でき、仕事の効率もアップするので即戦力になる資格です。

2

ニーズの絶えない資格!

事務処理の標準ツールとして、Microsoft Officeの地位は今後とも揺らぐことはないと思われます。
流行り廃りがないので、パソコン技能を何から学ぼうか迷っている方にはおすすめの資格です。

3

就職・転職、キャリアップに大きな武器に!

事務職には必須技能なので、取得しておくことで就職や転職で有利になります。
また社内キャリアップやスキルアップにも役立つ資格です。

資格概要

受験に必要な条件

受験に必要な条件
年齢特になし
学歴特になし
実務特になし

資格取得後の仕事

資格取得後の仕事
勤務一般企業等の事務
開業-----

受験概要

申し込み期間 試験日の約1ヶ月前~10日前
試験日 毎日
合格発表日 当日試験会場にて
受験料 スペシャリストレベル 100,290円、エキスパートレベル 120,390円
受験者数 約230,000名
合格率 非公開
講座一覧・資料請求(無料)