飛躍的に進歩を続けるネット業界で基盤を築くための実践的な資格!

ネットショップ実務士

ネットショップ実務士

ネットショップ実務士とは

ネットショップ(Eコマース、電子商取引)を運営する上で必要な実務能力を認定する資格です。

ネットショップ市場が拡大し競争が激化する中、一定水準以上の知識と経験を持ち合わせた人材が必要になりました。
Web制作(HP制作)やマーケティング、商品の管理やプロモーション、問い合わせやクレーム対応等の能力はネットショップを運営する上で必要不可欠です。
それらを総合的に評価し、企業側の採用基準として設けられた、ネットショップ能力認定機構(一般社団法人)が認定する資格です。

●クラス設定(レベル)
ネットショップ実務士にはクラスが設定されており、知識だけではなく実践経験を積まなければ上位資格を取得できない仕組みになっています。
採用する企業側としても信頼性の高い認定方法になっているので、就職・転職に強い資格です。

実務士補:入門…セミナー修了により認定
レベル1:基本知識…検定試験合格により認定
レベル2:実践知識…検定試験合格により認定
レベル3:実践経験…優良ネットショップでの勤務実績証明により認定
レベル4:EC企画能力…未定
レベル5:EC経営能力…未定
※2012年度で最新の情報です。


●ネットショップで開業(オーナー)を検討されている方
ネットショップ実務士は名称の通り実務的な能力を認定している資格です。

飛躍的に進歩を続けるネット業界ですが、基盤となる知識は必ずあります。
新規参入する場合、一から勉強するのは骨の折れることで、何をどこまで勉強するのが効率の良いのか判断に迷います。
資格を取得する目的ではなく、一つの講座として受講し、本当に身に付いているかを試験によって客観的に判断してもらう方法としても利用できるので、一度検討してみてください。

次のステップとして、ネットショップを運営してきた経験を生かし、ECコンサルタントとして働く道もあります。
その時に客観的に判断する方法として、資格を取得するときに勉強したことを活かせるかもしれません。

この資格のオススメPOINT

1

基礎から学べる!

ネットショップに関する知識を基礎から学べるので、何から始めていいか分からない方にはおすすめです。

資格概要

受験に必要な条件

受験に必要な条件
年齢特になし
学歴特になし
実務特になし

受験概要

試験開催 一般財団法人 ネットショップ能力認定機構
詳しくはこちら
講座一覧・資料請求(無料)